お正月よもやま話 お節料理は意味があって素晴らしい日本の文化ですね

HOME > こんな時には何を贈れば? > お正月よもやま話

「一年の計は元旦にあり」 正月は特別!

世界中の皆が新年を迎えます。しかし、欧米では休日は1日だけで、2日からは仕事がスタートしてしまいます。日本では、正月休みという名前がつくように、家族でゆっくり新年を迎えます。そんな、日本の正月はゆっくり休めることと、これから一年をどう過ごすかを考える特別な期間だと思います。
地域によっても、おせち料理の中身はずいぶん違いますが、その土地で「思い」が詰まり、皆で「祝って」「良い年にしてゆこう」という素晴らしい風習です。
小さい頃、親から必ずそれぞれの料理について、意味を教えられましたが この風習は続けてほしいと思います。

osechi001_R.png

「おせち料理」 今のような豪華な重箱スタイルは明治になってから。

正月料理と言えば、おせち料理。重箱に入って、いつもと違う特別なスタイルですね。重箱には、めでたいことが重なるようにという意味もありますが、意外にも、このような重箱に入って振る舞われるようになったのは、明治に入ってからだそうです。そして定着していったのは、デパートがおせち料理として重箱入りで売り出して、徐々にその豪華なスタイルが定着していったそうです。 流石、日本のデパート、食生活スタイルを一変したようです。
おせち料理のもともとは、「御節供(おせちく)」、朝廷や貴族が節会(宮廷での公式行事)の時に出された料理だったようですが、デパートのおかげで、一般家庭でも食べれるようになったんですね。

おせち料理は、祝うもの。だから、それぞれに意味があり日本人らしい素晴らしい文化だと思います。

osechi005_R_R.png

まめに働けるように 黒豆。

まめに動ける、まめに働けるように、しかも黒く日焼けするほどまめに働けるように「黒豆」が入ります。
まめまめしく動くとよく言いますが、これは豆粒を上から転がすと、一直線には転がらず 色々な動きをして転がってゆく様から「まめまめしく動く」つまりよく動くとなったものです。動けることは、病気をしないこと。無病息災を願い、邪気を払い健康を願って入ります。

無病息災、健康でまめまめしく動けることを願っています。

osechi007_R_R.png

数の子は 子孫繁栄 五穀豊穣

ニシンの卵の数の子は、卵の数が多いことで、子孫繁栄。 ニシンは「二親」を意味するとも言われています。

高級になった数の子ですが、お正月料理の高級定番ですね。

osechi006_R_R.png


イワシの田作り(ごまめ) 五穀豊穣

カタクチイワシを肥料に使うとコメの収穫がよくなったということに由来しています。佃煮が美味しく、歳の分だけ食べなさいとよく言われたことを思い出します。

ごまめは「五万米」にもつながり、まさに五穀豊穣に繋がります。

osechi008_R_R.png


たたきごぼう  豊作と無病息災 じっくり根を深く

関東では少ないかも知れませんが、関西では定番の一つです。ごぼうは、地中深く根を張ることから、「根が張れるように」 しかももともとは黒いので邪気を払うという芋もあるそうです。

深く根ざすというのも大切な事ですね。

osechi009_R_R.png

栗きんとん  金運を願って

栗金団(くりきんとん)は、見た目が「金色」 文字通り「金運」を意味します。金団というのも、金色の団子です。これまでの「五穀豊穣」「無病息災」とは違って、少し人間の欲が入ってきましたね。

金運を願って、栗きんとん 効果が出ればいいですね。

osechi013_R_R.png

鯛 めでたい

めでたいの語呂合わせにはいつも鯛が出てきます。落語でもよく出てくるので、江戸時代からよく食べられていたと思います。鰤なども、出世魚として供される場合もあります。

正月は、やはりめでたいですね。

osechi010_R_R.png

海老 腰が曲がるまで働ける

腰が曲がる年代まで、無事に働けるというのが元々の意味で、長寿を意味します。近頃では、「辛い仕事」のように思う方もいるかも知れませんね。海老は脱皮もしますので、それが新たな生命への復活(更新)のように意味することもあるようです。それが、出世につながるとの言われもあります。

海老は長寿、出世を願って。

osechi016_R_R.png

なます  お祝い事

白い大根と 赤いニンジンの酢の物。 お祝いごとに使われる水引が紅白、縁起物として供されます。

「縁起もの、子供の頃は酸っぱくて少し敬遠しましたが、正月らしくていいですね、今では」

osechi015_R_R.png

レンコン(酢の物) 将来も明るく

穴が開いている珍しい食べ物のレンコンは、その穴から先が見えるということで、将来が明るい。先を見通せるという意味の縁起を担いだもの。いつも思いますが、最初にそれを考えた人のアイデアと表現に感心します。日本人の独特の美意識と人生観ですね。

行く先明るく、見通せる年になって欲しいですね。

osechi011_R_R.png

昆布 喜ぶの語呂合わせ

めでたいと同じように、「喜ぶ」の語呂合わせに使われる昆布。特に正月は、身欠きにしんなどを昆布で巻いて、かんぴょうで縛る昆布巻きが定番。また、昆布は「ひろめ」と言われ、「末広がり」の縁起も担がれたそうです。

世界文化遺産にも選ばれた「和食」の原点、こんな風習も世界に伝わって欲しいですね。

osechi017_R_R.png

里芋  子孫繁栄

里芋は親芋にいっぱいの小芋がついている様子から、子宝に恵まれ子孫繁栄を意味しています。

最近では、少子化が進んでいますので、いっぱい里芋を食べてほしいですね。

osechi012_R_R.png

紅白のかまぼこ  縁起担ぎ

形状が初の日で似ているといことで供されます。また、紅白は縁起が良いので正月の蒲鉾の定番になっています。赤は魔よけの意味もあります。

紅白は色々な所に使われていますが、年のおさめも「紅白」、年の初めも「紅白」ですね。

osechi014_R_R.png

伊達巻  学問・教養へ通じる縁起物

少し豪華な印象の伊達巻、伊達という名前は派手好きの伊達政宗から由来したという説が一般的。昔の書物は巻物になっている場合も多く、学問や教養を身に着けるという縁起物です。

お正月に「勉強も大切」と教えているのですね。

otoso_R_R.png

お屠蘇  中国から薬用として伝わった 

元々は中国から伝わり、薬草を日本酒と混ぜて作った「屠蘇散」という薬。「蘇」という悪鬼を振り払う意味があるそうです。古くから、お正月にはお屠蘇をのむという習慣が出来ていたそうです。これも、病気にならないように「無病息災」を祈る儀式になっていたのだと思います。

お屠蘇で無病息災、中国から伝わった文化が定着しています。

syougatsu2_otoshidama_R.png

お年玉  

新年を祝い、目上の人が贈った贈答品がお年玉だったそうです。今では、すっかり「お金」を子供に渡す習慣になってしまいました。色々な物が贈られたようですが、太刀や扇子、食べ物では餅など、年の初めの「賜物(たまもの)」として定着していたようです。小さなお子様には、今でも本やおもちゃなどを贈ることもありますが、そちらの方が本来の風習に近いですね。
年の最初の「賜物」、目上から贈るもの 調和を大切にする日本人らしい習慣ですね。

hatsuyume_R.png

初夢  夢占い

一般的には2日の夜に見る夢が「初夢」ということが定着していますが、諸説様々のようです。その意見は、1日は休みで、2日から動き始めるので2日の夜見るのを「初夢」という事です。「初夢」は一種の占いで、七福神が宝船に乗ってやってくる夢等が最高と言われていますが、中々難しいですね。「一富士、二鷹、三茄」もよく言われますが、これに関しても諸説様々です。徳川家康が好きだった物という説、駿河の国(静岡)の高い物という説、富士は「無事」、鷹は「高い志」、茄子は「物事を成す」というような掛詞の説など色々です。

一年の最初に見る「初夢」、楽しくて夢があるものになって欲しいですね。

5fc7c954_R.png

しめ飾り

しめ飾りの種類は本当にたくさんありますね、地域により特長が出るものだと思います。一般的に良く見受けられるのは、橙(だいだい)、裏白(うらじろ)、紙垂(しで)がついています。(左のイラストのように)
橙(だいだい)は、木に熟しますが、熟しても落ちないので、「繁栄」を意味するそうです。
裏白(うらじろ)は、裏が白い葉で「表裏が無い、正直で清い心」を表しています。
紙垂(しで)は、お祭りの時等で飾る紙でできた神祭り道具ですが、稲穂の垂れ下がった様子を表しています。「豊作」と「稲穂の強さ(生命力)」を表しているそうです。

飾る時期ですが、28日までに飾るのが良いようです。31日は「一夜飾り」といって忌み嫌いますし、29日は「苦を待つ」につながり、これも嫌われます。
飾りを外す時期は、地域により色々ありますが、一般的には7日が多いようです。 どんど焼きなどは、だいたいこの後にあることが多いですね。

繁栄・清い心・豊作・強さを祈念するしめ飾り 日本人らしいですね。

kadomatsu_R.png

門松

今では、大きなお屋敷か会社などでしか目にすることが少なくなってきた門松、この大きさや立派な形は神様(歳神)が下界に降りてくるときに、分かりやすい目印になるというものです。歳神は「お正月様」とも言われ、お正月に家に迎え入れる神様です。神様が迷わないように、門松を立てるというのも日本人のやさしい気持ちを表しているのではないでしょうか。門松も、最初はもっとシンプルな物であったようですが、縁起を担ぐものでもあり段々と、立派な飾りになっていったようです。
元々、木には神様が宿ると信じられてきましたが、その中でも「松」は「祀る(まつる)」につながる事で、おめでたい木として、古くから扱われてきました。今では、竹の部分の方が目立ちますが 門松あるいは松飾りともいわれる由縁です。


神様が迷わないように目印を・・・  日本人のやさしい気持ちが表れています。


facebook_btn2.jpgfacebook_btn2.jpg
first_guest_edited-1.pngfirst_guest_edited-1.png
TF-video_theather_sign4.jpgTF-video_theather_sign4.jpg
iinee.gifiinee.gif
hayami_icon_new_y234_edited-1.pnghayami_icon_new_y234_edited-1.png
全商品を一覧できる早見ページです
yosanbestu.pngyosanbestu.png
soudan.pngsoudan.png
特別な時にはご相談ください。

price2.png

toriatsukai2.png
MiLLiSECOND_edited-1.jpgMiLLiSECOND_edited-1.jpg
ミリセカンド:日本文具大賞受賞
kitas.jpgkitas.jpg
KITAS:一生遊べる木のおもちゃです。
hiragana_tsumiki.jpghiragana_tsumiki.jpg
ひらがな積み木:遊びながら覚えよう
sansuu.jpgsansuu.jpg
さんすう積み木:家族で一緒に楽しもう
left_kaiungaku_7.jpgleft_kaiungaku_7.jpg
開運額:写真と書の忘れられない記念に
left_maneki.jpgleft_maneki.jpg
繁盛招き板:貴方のお店を演出します
left_hyousatsu_2.jpg
開運表札 豊口広さんの代表作品です
left_meishi.jpg
開運名刺 豊口広さんの手書きでインパクト絶大です
left_nunoasobi.jpg
ぬのあそびはオリジナルデザイン下駄です
left_yui_2.jpg
結粋シリーズ 食事の時間が楽しくなります
bloom_nanbu_houki2.jpgbloom_nanbu_houki2.jpg
南部箒の和洋服ブルームはお洒落アイテム
nanbu_houki2.jpgnanbu_houki2.jpg
南部箒 職人の技とこだわりが作り出す逸品です
left_primario2.jpgleft_primario2.jpg
PRIMARIO デザインと職人技が結集しました

osusume2.png
event_christmasi.jpgevent_christmasi.jpg
mama_papa_day.jpgmama_papa_day.jpg
event_wedding.jpgevent_wedding.jpg
結婚式のお祝い記念品に喜ばれています。
event_sensei.jpgevent_sensei.jpg
お世話になった先生への記念品に
event_osewaのコピー.jpgevent_osewaのコピー.jpg
お世話になった先輩への贈物 退職祝いに!
event_baby.jpgevent_baby.jpg
赤ちゃん誕生に、忘れられない記念品を!
event_shinchiku.jpgevent_shinchiku.jpg
新築祝い、開店祝い、創業祝いにお勧め
event_753_edited-1.jpgevent_753_edited-1.jpg
雛祭、七五三、入園入学、成人式にお勧め
keirou_kanreki.jpgkeirou_kanreki.jpg
還暦祝いや敬老の日のプレゼントにお勧め
event_golf.jpgevent_golf.jpg
ゴルフコンペ賞品、ホールインワン記念にお勧め
kaiun_hanjoukigan.jpgkaiun_hanjoukigan.jpg
豊口広さんの作品で開運を
propose2.jpgpropose2.jpg
ユニークなプロポーズの告白になりますよ
syougatsu.jpgsyougatsu.jpg
お正月のおせち料理の重箱にも素敵です!
tempo_tsukuri.jpgtempo_tsukuri.jpg
繁盛招き板、繁盛店舗作りにご利用ください

hansoku2.png
facebook_btn2.jpgfacebook_btn2.jpg
Facebookで最新情報をお届けします。
ganbari_set_2.jpgganbari_set_2.jpg
積み木のセット同時購入でお得です。
pair_wari_btn3.pngpair_wari_btn3.png
ペア割り 二人でお買いになるとお得です
TF-video_theather_sign.jpg
商品などを面白くビデオでご説明します
lets_kaiungaku2.gif
開運額を分かりやすくご説明します
nakayoshiwari.jpg
仲良し割引: 開運額を仲間で作るとお得な割引です
maneki_ita_sale.pngmaneki_ita_sale.png
繁盛招き板の商店街活性割引をご利用ください



豊口 広さんのご紹介ページです
prostage_btn.jpg
企業・商店・商店街の活性化、制作業務が仕事です









taisetu.gif

price.png